自宅仕事に憧れているキミへ!現役アフェリエイターが家での仕事の現実を教えよう!

どうもKTRです。

「仕事を自宅でできたらどんなに良いだろう。」

一度は誰でも考えた事があると思います。

みんながいいなと思うのに、なかなか自宅で仕事をしている人には会う事ができないですよね。

なんでかわかりますか?

 

だって

自宅で仕事してるんだもん。。

 

オトナくん
そうか!だから、どこに行っても会えないのか!

 

でも、自宅で仕事してる人ってなんか興味わかないですか?

どんな仕事の内容なのか?どんなライフスタイルを送っているのか?

 

気になりますよね?

気にならない方は、このままそっとこのサイトを閉じましょう。

だって、

今回は、自宅での仕事での収入がメインとなっている。

KTRが自宅で仕事をしていて

良い事、悪い事、仕事の仕方、なんかを解説していこうと思っています。

KTR
普段なかなか会えないレアキャラ発見したと思ってください。

自宅で仕事するを理解する

はじめに自宅で仕事をするという事を、ちゃんと理解しましょう。

デジタル大辞泉の解説
し‐ごと【仕事】
《「し」はサ変動詞「す」の連用形。「仕」は当て字》
1 何かを作り出す、または、成し遂げるための行動。「やりかけの仕事」「仕事が手につかない」
2 生計を立てる手段として従事する事柄。職業。「将来性のある仕事を探す」「金融関係の仕事に就く」
3 したこと。行動の結果。業績。「いい仕事を残す」

引用:コトバンク仕事より

自宅で仕事をしたいと考える場合は、引用の2番の生計を立てるというコトになります。

ってコトは、お金を得られないと意味がないですよね。

なので、お金を自宅で稼げれば良いんだと思います。

お金を稼ぐことに使っている時間を仕事と呼びますよね。

じゃあ家で時間を使ってお金を得られれば、それが仕事になるわけです。

でも、自宅で本当に仕事ができますか?

後ほど、私が収入を得ている方法も解説しますので、その前に自分の環境が自宅で仕事できるのかを

冷静に考えてみてください。

自宅で仕事をするデメリット

自宅で仕事をすることには、メリットもかなり多いですが

何事にも、裏表、光と影、メリットとデメリットが存在します。

ここの章では、私自身が感じているデメリットについて解説します。

時間のコントロールが難しい。

自宅で仕事をする場合は、朝会社に出勤して、夕方の定時になれば退社するなんて常識は一切通じません。

就業時間でブラック企業がとか行ってる人は、まず向かないと思います。

だって、自宅で仕事をするって事は、はじめは個人事業主って括りになるので、

労働基準法なんかクソくらえ状態です。

労動基準法とは?
雇われて働く労働者を保護するために作られた法律なので、

フリーランス、個人事業主には一切通用しません。

完璧に時間を自分でコントロールしないと、どこまでが仕事で、どこまでが生活なのか

よくわからなくなります。

結果・・・

漫画を読んで一週間が終わってしまう惨劇がたまに起きますww

自宅には、上司も部下もいません。

自分を律して働かないといけないのでメンタルが弱い人はマジでやられます。

孤独との戦いがハンパない

自宅で仕事をするという事は、誰にも自分の仕事の話題を共有できません。

友達を呼んんでも、仕事はできないですし、きっとあなたが自宅でやる仕事の話をしても

「ちんぷんかんぷん」で何も理解してくれないでしょう。

仕事の話を共有できる仲間がいないのは本当に孤独との戦いです。

今になって思いますが、会社員は恵まれてるな〜って思います。

会社員の良いところ

何かあれば、自分より経験豊富な上司がいてすぐに相談できる。

ちょっと仕事にムカついたら、部下を誘って飲みにいける。

会社の仕事を中心としたコニュニティの中にいるので、常に仲間がいる安心感がハンパない

会社員であれば当たり前の環境が、自宅での仕事をメインにすると一切なくなります。

自宅で仕事をするので運動不足になる。

自宅で走り回ったり、筋トレしたりでお金が入ってくる人は、ほぼいないでしょう。

室内での仕事になるので、どうしても座り仕事になります。

自宅が職場という特殊な環境になるので、朝起きたら5秒で仕事できる環境になります。

という事は、通勤時間がゼロ。一日中家から出ないのなんて当たり前になります。

結果・・・運動しないので太ります。

運動しないとと意識しても、なかなかできないので、

もう一度声を大にしてお伝えします。

太ります。確実に。。

オトナくん
おおっマジか・・考えてなかった。。
KTR
自宅で仕事をする場合。以外と落とし穴が多いぞ!ひたすら自分との戦いになるので覚悟するがいい。

大まかにデメリットを説明してきましたが、逆をいうとこの3点さえ克服できれば、自宅仕事は成功したようなものでしょう。

では次にメリットを紹介しましょう。

自宅で仕事をする最高のメリットは自由

時間の自由

時間の縛りは何もないので、収入さえ得られるのであれば、何をしていても良い。

毎日の過ごし方を自分で組み立てられるので、より時間を有効活用できる。

晴れてる日は昼間外出して外で遊んで、夜に仕事をしたり、

友達と話しながら仕事をしたり。

生活に必要な年間支出額を1ヶ月で稼いで、残り11ヶ月はぶらぶらして暮らしてしたり。

旅行の計画では日程で躓くことありません。

オトナくん
これだよ!俺がしたい生活は!!時間の自由最高!
KTR
いい事を並べたけど、仕事の時間をしっかり管理しないと、即死する事になるぞ。働くときは1日20時間ぐらいパソコンに向かっている日もあるので、鬼のように働く日もあるという事を理解する必要があるそ。
オトナくん
・・・・(現実に戻った)

収入の自由

自宅で働く場合はフリーランスになるので、自分の収入は自分で決められる。

お金を追い求めるのであれば、今の時代は個人単位でも億を動かす事は、全然可能

現に私の周りでも、仮想通貨関係の方は何名かは億ってます。

オトナくん
話題の億り人ってやつですね!KTRさん仮想通貨持ってましたよね!億ってますか?
KTR
億ったりしてないので、安心してください。。今暴落中なんで、ちょいプラぐらいです。。

と、このように収入の柱をいくつも作れるのも、魅力的ですよね。

個人でやっていると、周りも自然と個人でやっている人たちが多くなるので、情報の幅も一気に広がります。

今の時代は、情報=お金だと思っていて間違いないです。

場所の自由

自宅仕事をする、レベルアップ版ですが収入さえ安定してくれば、どこに住んでいても仕事ができるようになります。

だって家でできるんだもん。

私は現に仙台市から宮崎に移住しました。

移住した理由はこちらの記事で詳しく書いてます。

自由人なバカ大人になった理由やKTRのプロフィール

2018.03.16

ここまでは、自宅で仕事をするメリット・デメリットについて書いてきたぞ。

デメリットについては、本当に中途半端にやると落ちてくので、がっちり取り組みましょう。

自宅で仕事をする方法

ここまで書いてきたら、どうやって収入得るんですか?

なんて声が聞こえてきそうですね。

オトナくん
そうだ!そうだ!KTRさんはどうやって家で仕事してるんですか?教えてくださいよ!!!
KTR
別にいいよ。

どんな感じで独立して、今の仕事をしているのは以前記事にしていますので、こちらを読んでくださいね。

30代で起業して小さな自由を手に入れたお話

2018.03.27

以前の記事は、大まかにこんな感じの収入がありますよって感じで書いたので、

今回の記事では「自宅で仕事」に焦点を当てて書いていきますね。

自宅で仕事するためには

ここでは、KTR自身が経験してきた事を書いていきますので、ネットビジネスって言われるジャンルになります。

ざくっと言うとパソコン使って収入を生み出す感じの仕事です。

一般的には怪しいとか言われるジャンルですね。

もっと違う方法があるよって方は、そっちやってください。

ここでは、せっかく自分のブログを読んでくれている読者さんのために

ネット業界の裏と表を書いてきますね。

インターネットビジネスの闇

「2クリックで日給100万円」とか

「10分作業するだけで2万円」みたいな

クソみたいな、商材やオファーが溢れてるので、それに乗っかって損した人たちが

稼げませんでしたって言ってるから、業界全体で詐欺とか言われちゃうんですよね。。

そんな人ばかりではないんですが、爆発的に稼げるので詐欺に近い案件が多いのも事実です。

KTR
オトナくん!まさかとは思うけど、そんな甘い話に乗っかって商材買ってないよね?
オトナくん
あっ!えっと・・・あの〜(実は最近商材買って後悔した。)

ネット業界だけではないのですが、基本美味しい話には裏があります。

ネット業界の裏側はこんな感じです。

1.まずは美味しい餌を巻く。

(メアド登録してくれたら、タダで毎日3万円稼げる方法教えます!とか)

無料オファーって言ってメルマガ登録で1件1000円とかってアフェリもあるぐらい。

KTR
あんまり好きじゃないのでやらないですが。

2.登録したアドレスに向けて、自動メールで教育。

よくある何通も送られてくるメールですね。

あれって業界では、教育って呼ばれてて、いわば洗脳してるわけですね。

3.高額商材のオファー。

最後の方のメールに魅力的に見える、高額案件を持ってきてドーンと売る。

この方法が一番儲かります。プロモーション1つで平気で億単位のお金が動きます。

買わされる高額商材は、30万とかするのにPDFとか動画なので、原価はほぼタダです。

ちょっと冷静に考えてみればわかると思いますが、簡単に稼げる話はそんなに転がってるわけありません。

ネットで探してる時点で、アウトですね。

相手は百戦錬磨のマーケッターなので自ら罠にハマリにいってるとしか思えません。

オトナくん
そうだったのか!!高い勉強代だった。。。

ネットビジネスの悪い例を簡単に説明しました。

さて、ここからは実際にKTRが収入を得てきた方法を解説していきます。

ネットで収入を得る5種類の方法

YouTubeアドセンス

巷で話題のユーチューバーってやつですね。

あれは、Googleアドセンスって言って再生回数によって見ている人に企業の広告が入るので、そこからチャンネル主に収入が入る仕組みになってます。

単価は1再生あたり、0.1円(ザックリ計算)なので1日10万回再生される動画があったら、日給1万円ってことになります。

多くの見ている人が喜ぶ動画を作り続ければ、再生回数が伸びてこれで仕事ができるようになります。

デメリットは、ライバルが多いのと、時間と手間がかかります。

サイトアドセンス

これもGoogleアドセンス、YouTubeのサイトバージョンです

仕組みは全く同じ。わかりやすい説明は動画で

サイトでもユーザーに対して有益な情報を掲載して、アクセスが多くなれば広告収入が多くなってきます。

ブロガーさんとかはこの部類かな。KTRはここやってないので成功する作業基準はわかりません。。

デメリット

結果が出るまでが、とにかく地味で大変な作業が待っている。

サイトアフェリエイト

アフェリエイトとは、ウェブ上にある商品を、企業と提携して売ることで利益を出すビジネスです。

サイトアフェリは、商品レビューとかを書いていって自分が運営するサイトを検索順位を上位表示させて、そこからのアクセスに対して

売上をあげる方法です。ほぼ手出しがない状態で利益を出せるのがメリット。

実績者を見るとサイトアフェリで月7桁の収入を出してる人は、結構います。

イメージとしては一記事3000文字(原稿用紙7.5枚分)を毎日書き続けて3ヶ月目にやっと成果がついてくる感じかな。

KTR
今ここにも挑戦中。

広告運用(アフェリエイト)

サイトアフェリと同様で、企業さんの商品を広告を使って売ること。

サイトのように毎日作業して3ヶ月後にやっと売上が立つようなイメージではなく。

1ページ書いて、広告でアクセスを流入させるので結果が出るのが早い。

デメリットはアクセスをお金で買うので、初期費用が必要。

さらに売れない記事を書いていると、マイナスになってしまうリスクがあります。

オトナくん
KTRさんはここの収入がメインだよ。

無在庫転売

ネットだけじゃねーじゃんって突っ込んだ人。。

間違いじゃないけど、間違い。

実際にリアルで動いて利益出している人も多いですが、ネットのみで完結する方法もあります。

例えば、Amazonの商品をヤフオクで出しまくる無在庫転売とか。

ただ、KTRはやっていないので詳しくないですが、これで収入を得ている人も結構います。

デメリット

作業量が多い。領収書の計算が大変。結局働かないといけないので、労働収入になってしまう。

この記事のまとめ

今回は自宅で仕事をするメリットとデメリット

そして、ネットビジネスの闇の部分から、KTRが今まで収入を得てきた方法を解説してきました。

ネットでの収入の得かたは色々あるので、これが答えではないですが、

ネットでできるオーソドックスな仕事の仕方を紹介しました。

最後に、紹介した仕事の方法は、とても地味で大変です。

ただ、転売以外は不労所得になるので、行動すれば行動した分だけ収入になります。

興味あれば是非チャレンジしてみてくださいね。

あっ!最近よく、個人コンサルの依頼がくるのですが、全てお断りをしていますので

悪しからず。


聴くだけで収入を上げるためにデザインされた音声をプレゼント!

学なし・コネなし・金なし・家族あり!!!超ハードな設定から、独立してフリーランスとして自由になったKTRが、ネットで食って行くための考え方やノウハウを伝授!LINEへの友達登録で、音声プレゼント!もちろん無料なので、是非!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

2018年3月に仙台から宮崎に移住。ウェブ周りを中心に、広告運用、アフェリエイト、ライティング、HP作成、店舗集客コンサルなどを手がける。 移住して自由に生きるライフスタイルを広めることを目的にブログを開設。 好きなもの・釣り・サーフィン・妄想・家族・スノーボード・アウトドア全般。